花香房

土にこだわった産地直送の寄せ植え・鉢植えの花・種・苗などの通販|花香房

ギフトを値段から選ぶ

FAX

FAX

 

メール会員登録

▲HPからのお知らせやポイント登録はこちらから登録して下さい。
 

店舗用会員登録

▲実店舗用のポイント会員登録やお知らせはこちらから登録して下さい。
 

楽天ページはこちらから

 

店長日記

店長日記
こんにちは!
店長の中西です。
土からこだわって育てた元気な花苗をお届けします。

店長日記はこちら >>

HOME»  コンテンツ»  作業・製作工程

作業・製作工程


 
 
 栽培過程のご案内

 
花の栽培はその年の気候や温度などに非常に影響されます 
その年は順調に育ったかと思っても次の年は同じように育てられるかわかりません 
つきなみな話になりますが、やっぱり毎年勉強させられます 
出来る限り植物が育ちやすい環境を考えて日々努力しています

 花生産を取り巻く環境は今でも非常に厳しい状況は変わりません 
生産資材などコストダウンを考えていかなくては経営が困難になる中、
私たちは、生産直売という形で新たな経営の糸口を考えました 
それでお客様に少しでも喜んでいただけるよう、生産にかかる経費を現状維持し
 良質の苗・鉢花生産することにしました 
そのため生産用土や栽培状況にこだわりを持って栽培をしています

 
植物を育てていく過程や作業をご案内します

 
 種まき(播種)~育苗

 

写真はパンジーの種を播いています 288穴のプラグトレーに一粒ずつ種を落としていく機械です
パンジーの種は1ミリぐらいと非常に小さく人間の手で1粒ずつ落としていくのは困難です
今回はパンジーとビオラをあわせて25000粒播きました
 
 
 

[発芽室]
種まき終了後 バーミキュライトを覆土して潅水後発芽室に入れます

植物により発芽温度、発芽日数や発芽条件などはさまざまです
今回はパンジーを播種しましたので
発芽温度 約17度~20度
発芽日数 約4~7日
で湿度やく70~80%で行いました

 

 

発芽は、品種や植物により発芽条件が異なります 中には発芽するのに光(太陽光線など)が必要な場合があります
そんな場合は 電熱を利用した育苗や自然発芽させる場合があります
 
 

[発芽]

写真は パンジー播種後18日の画像です
まだ赤ちゃんの状態で繊細な管理が必要です
発芽率は普通70~80%です
そこから製品になるのは8割~9割あれば大成功です

 

 

育苗

育苗期間は植物や品種により異なりますが、パンジーの場合 約1ヶ月から40日程度かかります

約1ヶ月の間の作業は次のとおりです
  
  潅   水     毎日1~2回 
  液   肥        2~3回
  消   毒        1~3回
  矮化処理        1~2回

育苗期間中は苗も小さく、神経を使います 油断していると1日で枯れてしまう場合もあります


 
 
 
 鉢上げ/鉢上げ準備

 

鉢上げ

育苗した後鉢上げをします
鉢上げは植物の生育を考え、それに応じた鉢に植え替えます
鉢上げ終了後は水をたっぷりやり、土の中の水分を均一にします


 
 

[用土配合]

花の品種により、それに合った材料を配合します
写真は用土配合機に材料を投入しているところです
ちなみに、黒いのはクン炭(籾殻を焼いたもの)です
この機械はミキサーで約2.5立米の材料を配合できます

用土の材料を確認

 

 

[鉢土入れ]

鉢上げの準備として、ポットに用土を入れます 
この機械は自動でポットに土をつめていく機械でポッティングマシンと言います
約1分間に100ポットぐらいに土を入れていきます

 

 
 

 
[鉢あげ(定植)]

鉢上げは プラグトレーに育った苗を1本ずつポットや鉢に植え替える作業です
この作業が一番時間がかかる作業です ここからパンジーの場合1ヶ月から2ヶ月で商品になります がんばって育ってー!
 
 その後の管理

 
 


写真左はパンジー定植後10日目の写真です
右のほうは矮化処理を行っています 特にパンジーなど寒くても成長する植物は、夏の暑さで徒長してしまい商品価値が下がってしまい良質の苗にはなりません そのため矮化処理を行って徒長を抑制します
 その後の管理は病害虫の予防や液肥や固形肥料の施肥など さまざまな作業がまっています
こうして 良質の花を栽培できるよう日々努力しています
 
ページトップヘ